ファンデーションは透明感と清潔感から選ぶ

ファンデーション 選び、大切なのは透明感と清潔感

ファンデーション を中心に、TPO選ばずに、男性にも女性にもご年配の方にも好評価間違いなしの、キチンとメイクをご紹介します。大切なのは透明感と清潔感のあるファンデーション選びとポイントメイクの色選びです。

ファンデーションはセミマットでしっとり肌、ツヤ肌とは違うきちんとした印象に

最近の肌質の流行りといれば、つやつやで高保湿な肌質です。スキンケアもたっぷりしてつやつやの肌は若々しく魅力的には見えますが、キチンとした洋服の相性はあまりよくありません。抜け感があるので男性受けはいいかもしれませんが、仕事ではNGな場合も。なによりスーツには似合いませんよね。ツヤを意識するのは下地のみにして、上からつけるファンデーションはしっかりとカバー力重視のものを選びましょう。パウダーパール感のないタイプのものをも全体に薄くはたくことで、セミマットな肌の完成です。これだけでもかなり清潔感のある印象に見えます。

メイクで好印象、眉はちゃんと主張しきちんと眉を作る

眉はその人の印象を決める大切な部分。髪の色に合わせて少し太めに眉山はあまり作らずにすっと伸ばすのが今風。眉は長いとちゃんとした印象になり、短いと幼い印象になります。仕事なのど時は少し伸ばして仕事ができる風、ちゃんと主張のある女性の目元を目指したいですね。ペンシルで全部を描こうとするとキツイ印象になってしまうので、パウダーで埋めるようにして少しずつ書き足すのが自然でおすすめです。

きちんとメイク、チークは外側に広げるように意識して

そして、チークでもきちんとした印象をつくることができます。チークは中心にすれば幼い印象になり、外側を意識してつけると大人っぽい印象になります。きちんとメイクでおすすめなのは外側に広げるようにつけることです。笑った部分の一番高い部分からはじめて、外側に広げるようにブラシを肌の上ですべらせます。こうすることで頬が引き締まって見えるのでスーツなどのきちんとした服装にも合います。色はその人の肌の色にもよりますが、おすすめなのはオレンジやブラウン系なのです。パールは入っていたほうが肌がいきいきとして見えるのでおすすめです。すべてマットでまとめてしまってはつまらないですよね。

ファンデーションにあわせリップはツヤ感ではなく色で遊ぶ

休みの日などはつやつやグロスだけでも十分ですが、キチンとメイクではNGです。肌も作りこんだのにリップだけグロスだとかえって浮いてしまいます、。ローズなどの少し大人っぽい色をつけるときちんと感が増します。色がある口紅はあえて口紅をじか塗りがおすすめです。色がしっかりある口紅をリップブラシなどで丁寧に塗ってしまうと、口紅だけ浮いて古い印象になってしまいます。色のある口紅をあえてささっと塗ることで栄え目もあいまいにして、少しの抜け感を演出すると今風なかんじに仕上がりますね。

キチンとメイクは一歩間違えると古い印象になってしまうので、透明感と清潔感のあるファンデーションを選び、チークはパールで遊んだり、口紅もささっと塗ることであえて抜け感や遊びをいれてあげましょう。