産後の体型 が戻りにくい場合の対策

産後の体型 が戻りにくい場合の対策

戻りにくい 産後の体型

産後の体型 の変化というのは自分でも驚くほどでした。体型が戻りにくいというのはもちろんのこと、抜け毛がひどくなりました。また、肌質も変わり、どれだけ栄養をもってかれたのかと自分の体にきいてみたいくらいでした。
人間を一人産み出すということの偉大さも改めて感じます。
その中でも、私は体型の戻りにくさを身にしみて感じていました。妊娠中は激しい動きをすると、破水し早産になる可能性があります。また、お腹の中で死んでしまうこともあります。お腹も大きくなって、動きにくくなるので当然のように筋肉も落ちていくわけです。
筋肉が落ちれば、自身の脂肪を燃焼する力も比例して下がってくるので産後はやせにくくなるということも納得いきます。

骨盤整形は、ベルトよりガードルがおすすめ

そこで、産後 一ヶ月はおとなしくしていましたが簡単なストレッチは頑張っていました。
結構も悪くなっていたので、とりあえず伸ばすことが大切だと思ったのです。脂肪がセルライトに変わったら本当に厄介なので、マッサージも同時に行いました。もちろん、新生児がいるので十分な時間が取れませんが、授乳しているとそこからもカロリー消費ができるので大きなダイエットの一部となります。そんな時間もエクササイズの時間だと思えば、産後の体型にもんもんとしている方はとても前向きな時間になります。
すぐに動き出せば、更年期障害がひどくなると聞いたことあるので1ヶ月間はそのくらいまでにしていました。骨盤を整えることも大切ですが、ベルトはすぐにずれてしまうのでガードルがおすすめです。せっかくベルトを買ったのですが、結局座って授乳する時にずれてしまったり付け方が難しかったのですぐにやめてしまいました。それからは、少しお値段はりましたがガードルに切り替えたのです。

赤ちゃん抱っこしながら有酸素運動

1ヶ月健診のときに、母親の体も一緒に診てもらうので医者からOKがでたら軽いエクササイズからはじめました。赤ちゃんが寝ている瞬間を見計らってするので、とぎれとぎれになってしまいますが体幹トレーニングを中心にがんばって合間にします。
赤ちゃんが泣いている時は、ちょうどいい大きさなので、言い方は悪いですが「重り」として考えればスリングなどで赤ちゃんの安全を確保しつつ、踏み台昇降なんかがおすすめです。私はこれで大分体型がしまりました。家でテレビを見ながら、しかも赤ちゃんを抱っこしながら出来るのでこれしかなかったといってもいいのですが、汗もかくし、有効的な有酸素運動だったと思います。
もちろん、その後のストレッチはするとしないでは足のむくみが違うのでぜひストレッチとマッサージをしてください。時間が難しければ、寝る前にあおむけになって手足を上に向け、ブラブラするだけで大分違います。
まとまったお昼寝をするまでは、エクササイズは難しいと思いますが、赤ちゃんをたくさん抱っこするだけで痩せ方が違うようです。人を生むという大仕事を成し遂げた後は、赤ちゃんのお世話。自分の体は戻らず・・・。なんて後ろ向きになることなく、赤ちゃんと一緒にできるエクササイズもたくさんあるので前向きな気持ちになることが1番大切です。