便秘対策 の効果は、ヨーグルトに大根おろしを入れる

便秘対策 の効果は、ヨーグルトに大根おろしを入れる

生まれ持った体質?

テレビ、雑誌、様々なメディアで「便秘」についての対策が頻繁に取り上げられています。世の中で
便秘に悩む女性は本当に多いのではないでしょうか?
 私も正に便秘症で、物心ついた時には1週間やそれ以上便が出ないというのが普通の状態でした。
便秘は生活習慣も影響すると言われていますが、私の母親は野菜、魚がほとんどの和食中心の食事を作って
くれていましたし、年子の兄もいて、周りに同年代の子供がたくさんいた環境なので、毎日外を駆け回って
遊んでいました。
 ですが、小学校低学年の頃には既に便秘だったのです。と言う事はこれは生まれ持った体質としか思えません。

下剤を使う事を覚える

 中学生の頃までは1週間やそれ以上便が出ていなくてもさほど気にもしていませんでした。ですが、高校生になると、周りの友達がダイエットの為に、「食べては下剤で出す」という事をしている子達が何人もいたのでした。
それを聞いて、「下剤ってそんなに効くんだ」と思い、そこから下剤で出す事を覚えてしまいました。
 「1週間も平気で出ない体質の人間が毎日出るわけがないだろう」と思い、3日目に下剤で出す事に自分で決めたのです。下剤を使用した事がある人なら分かると思いますが、下剤は確かに効きますが、異様な腹痛を伴い、とても不快な感じがします。それでも3日目には便が出ると思うと、それだけで太らないような気もしましたし嬉しかったです。

妊娠中は便秘しても下剤が使えない

 高校生からずっと下剤を常用していた私ですが、妊娠中に下剤が使えない現実を目の当たりにしたのです。産婦人科で相談したら、妊娠中でも安全な下剤を出して貰えたのかもしれませんが、「下剤が無いと出ない」「自力では出せない」とは言い出せませんでした。
 そこから真剣に便秘対策に取り組んだのです。多くの人が便秘対策の食べ物と聞いて直ぐに思い浮かぶのがヨーグルトだと思います。私もヨーグルトを一番に思いつきました。
 今もこだわって食べている人がいると思いますが、ちょうどその頃「カスピ海ヨーグルト」の全盛期で、私もその種菌を買ってきて食べ続けました。
 他にも便秘に効くお茶、蓮根、千切り大根、ワカメ、オリーブオイル、プルーンなどメディアで紹介される食べ物を次から次へと挑戦してきました。
 運動も取り組みました。毎日30分のウォーキング、腹筋が無いと便秘になると聞いたら腹筋と。それから「腸もみ」と言っておへその周りを順番に円を描きながら押していくマッサージなども挑戦しました。
 ですが、これと言って「効くわ~」と思えるものに出会えてこなかったのです。

やってみる価値がある 便秘対策

さんざん試した結果なかなか「これだ」と思える 便秘対策 法に出会えてこなかった私ですが、先日「効くわ~」と思える方法に出会ってしまいました。それは最近テレビでも頻繁に紹介されているヨーグルトに大根おろしを入れて食べる方法です。テレビではそれに蜂蜜も入れて夜に食べると効果てきめんと紹介されていましたが、私は朝食後1時間ぐらいして、「今日もダメか…」と料理をしながら落ち込んでいた時、余った大根を試しに摩り下ろしてヨーグルトに入れて食べてみたのです。
 そうしたら30分後ぐらいに腸が動き出したのです。半信半疑でトイレに行ってみると、ありえないくらいスルッと便が出ました。ヨーグルトに大根おろしを入れる方法はちょっと前から知っていたのですが、どうも抵抗があり、それだけは試せずにいたのです。
 それがこんなに効果があるなんて、神様に感謝したいぐらい嬉しかったです。
 その日以来、我が家の冷蔵庫にはヨーグルトにプラスして大根が常備されています。