にんにくの疲労回復効果で体調を整える

にんにく の疲労回復効果で体調を整える

にんにく で疲労回復

体調不良にならないように、健康でいるために特に注意するのは食事です。
好きなものばかりを食べていては疲れも溜まりやすくなりますし、肌も荒れてしまいます。ですから自分で料理ができる時は、できるだけ疲労回復効果のある食材を使った料理を作るようにしています。
にんにく は疲労回復効果のあることで良く知られていますが、刻んで使うには手にも匂いがついてしまい使いにくいので、チューブタイプで使えるものが便利です。野菜炒めに使ったり、お肉料理に混ぜることもできるのでいいです。また、チューブタイプになっているものは普通の にんにく よりも口に匂いが残りにくいのもいい点です。

健康のためには食事は腹八分目

また、健康のためには食事は腹八分目にしておくことも必要です。満腹感が得られるまで食べてしまうと太りやすい体質になってしまいますし、また胃の負担も大きくなってしまいます。便秘がちの時だと満腹まで食べてしまうことでお腹が張りやすくなってしまうこともあるので、腸内環境を良好にするという意味でも、食事の量は程々にしておくといいです。
また、揚げ物やてんぷらなどはダイエットの敵ですが、肌の油分を保つのに必要なこともあります。油物をまったく食べないと肌がガサガサになりますし、それで肌の調子が悪くなってしまうこともあります。また、油が足りないと腸の働きも悪くなり便秘になることも多いので、ダイエット中であっても揚げ物も程々に食べるようにしました。
高カロリーの食事になってしまったような時は、次の食事を抜くなどしてカロリーのバランスを取るようにしました。

規則性より、お腹がすいたら食べる

また、朝昼晩、規則正しく食事をすることは大切ですが、お腹が空いていないのに無理に食事をすることで空腹感を感じられなくなってしまうこともあるので、お腹が空いていない時は無理に食べる必要はないのだと感じました。無理に何かを入れてしまうことで胃もたれが加速したり、太ってしまうこともあるので、健康のためにはお腹が空いた時に適度に物をお腹に入れればいいのだと思いました。長時間食事がとれなくなるような時も、無理にいっぱい食べておくのではなく、持ち運びできるシリアルバーなどで外出時の空腹を満たしてもいいと思います。そのほうがいつもお腹の状態が安定して便秘にもなりにくいです。また、おやつは出来るだけ洋菓子よりも和菓子を選ぶようにして健康を保つようにしています。どちらも糖分が多いことには変わりありませんが、和菓子のほうが若干カロリーも低めになることが多く、また小豆やお米などで作られていることがほとんどなので日本人の体質にあっていると思います。自分の体質に合うものを食べたほうが体へのアレルギーにもなりにくいので、極力自分の体に優しい食材で作られた食べ物を選ぶようにして健康維持をしています。また、甘いものを食べるなら飲み物はお茶に決めています。ミルクや砂糖も使用しないストレートのお茶は後味もいいですし、余分な糖分の取り過ぎも防ぐことができます。