30代、40代は色っぽい メイク が似合う

30代、40代は色っぽい メイク が似合う

10代、20代はカラーレスな メイク でも肌にハリがあるので十分キレイですが、30代、40代カラーレスだとちょっとぼやっとした印象になってしまいます。でも若いころからカレーレスメイクだから色を使うことに抵抗がある・・という方にキレイにそして上品に見えるうまい メイク のカラーの取り入れ方について実体験を元に効果があったものをご紹介したいとおもいます。

アイライナーのぼかしには深い赤を味方につけて上品にそして色っぽ メイク を・・。

カラーレスのアイシャドーだとアイシャドーはベージュ一辺倒、ラインは黒でがっつり線を入れるというのが定番だとおもいます。そしてまつげも長くバサバサ。。でもこれは一歩間違えるるギャルメイクです。30代になればアイシャドーで遊んでもとても綺麗に馴染みます。たとえばパープル系も30~40代だからこそ、色っぽく使いこなすことがでできるとおもうんです。そしてもう一つ大切なのがアイラインなのですが、特にリキッドアイライナーを愛用している方は上からパウダーでなじませることをおすすめします。ラインで描いてます!というかんじがなくなります。そして、その上からなじませる色でおすすめなのが、意外かもしれませんが、深い赤なんです。小豆色ともいいます。

この小豆色、適度に肌に馴染んで、ブラウンほど沈んでしまうこともなく、自己主張もしてくれるとっても優秀な色なんです。パール感がある方が色がはっきりしすぎないのでおすすめです。この小豆色をアイラインに馴染ませると一気に大人っぽく、そして色っぽく瞳が完成します。これは10代ではだせない色気です。ぜひ今だからこそ試してほしいカラーですね。コツとしては、広い範囲に入れようとせず、あくまでもアイラインの上に馴染ませる程度につけるのが美しく見せるコツです。

口紅はリップライナーで輪郭をしっかりとりましょう。

次にリップですが、これもカラーレス メイク の方はグロスだけで終わらせてしまったりしまいがち・・。口紅に色をおくと一気に濃いメイクに見られがちなので、。でも30代40代は唇の色もくすんできてしまいます。くすんだ色にグロスだけ・・というのはとてももったいない、。そんな時に活躍するのがリップライナーです。リップライナーは口紅よりもかたいので、唇のくすみなどをしっかり隠してくれる効果があります。そして上から口紅を塗って最後の仕上げにグロスを塗るのがいいですね。

でも、3工程もめんどくさい!という方はリップライナーですべて塗ってしまい、最後にグロスでも大丈夫。くすみを隠してグロスでツヤを出してくれるので、口紅がめんどくさいときはこれでもいいです。口紅だけよりも持ちがいいですし、ライナーで輪郭をとりくすみを隠しているので若々しい印章になります。

チークは必ず色を主張させましょう。

チークもブラウンなどだとくすんで見えてしまいます。30、40代だからこそ、あえて華やかでかわいらしいピンク系を使うのがおすすめです。頬よりも少し外側にいれることで上品な印象に仕上がりますし、チークは入れるところでだいぶ印章が変わるので一番かわいく見えるところを研究するのもたのしいですよね。”