カラダには、愛されるほうがイイの?愛するほうがイイの?

カラダには、愛 されるほうがイイの? 愛 するほうがイイの?

恋愛すると、女性ホルモンが活性化する!しかし、受け身がイイのか攻めがイイのか?

最近恋愛していないわね〜と言うのは、やはり主婦歴の長い皆々様でありますが、彼女たちもかつては恋愛などされて〜今の旦那様と結婚されたのかも知れません。

いや、ウチ見合いだから!と言う人も中には居るんですけどね、でもそれでも一人の男性に愛を語られて愛される事は、女性的に美しくなるホルモンの分泌も過剰になって行くのです。

ではどんな形で恋愛する方が女性ホルモンは活性化するのでしょうか?

愛:攻める肉食系女子の、戦略的な恋愛

昔は女子がせめて男子を落とすのははしたないとか、意地汚いとか言われましたが、今の時代、男子は草食系と呼ばれて自分からはあまり行動してくれない人が多いので、じゃあ!私が!!的に自分で男子を狩る?肉食系女子が増えてきているのは確かです。

ただ、男子が草食動物なので、肉食系女子がアプローチしてくると逃げてしまう人が多いんです。

それでなかなか恋愛が成立しない!と息巻く女子の前で、男子が逃げ場を失って観念する?と言う謎の構図が出来上がっているのです。

しかし、この恋愛方法は果たして?女性ホルモンを活性化させていると言えるのでしょうか?

自分から獲物を狩りに行く〜的行動は、むしろ男性ホルモンの方が活性化しているんじゃないか?とすら思えます。

しかし、狩り(男性を口説く)の際は女性としての感覚器官は全開に活動していると思うので、多分女性ホルモンは活性化されている事は間違いありません。

と言う事で、肉食系の女子でも、とある一人を落とすために活動しているだけで、女性的にドンドン魅力的になって来ていると言えるでしょう。

愛:男性から告白される!?受け身の女子は果たして女らしいのか?

職場や学校で、いつも男子に告白されては断る恋愛キラーな女子を見たことはありませんか?

あ、それ私だ!と言う方は、その恋愛は受け身なんじゃないか?と思われます。

モテモテ女子の共通点に、まず胸がデカいとか美人だと言う傾向がありますが、つまり既に身体とか外見の女性らしさが整っている人がよく告白される受け身恋愛をする傾向にあるのかも知れません。

なので、女性ホルモンの活動が活発になっていると勘違いされそうですが、実際は受け身女子の方が少々沈静化?している感が見受けられるのです。

受け身女子のの女性ホルモンが活性化する時は、本命の好きな男子から声をかけられたりとか、一番良いのは告白されたりした時です。

それ位の段階まで来ないと、普段は干物の様に過ごしている人の方が多いかも知れません。

攻めでも受け身でも無い、中間点の人〜

恋愛には興味があるけど、特に自分から告白とかありえない〜とか、誰か物好きなヤツが告白して来ても、よっぽどナニか無い限りは無理〜と言っている中間点の女子の方が、圧倒的に人口が多いです。

なので、普段は学校や職場で、同じ様な心理の仲間とつるんでトイレに行ったり食事に行ったりする傾向にあります。

この中間点の人の凄い所は、とにかく自分が納得しない恋愛はしない所です。

なので、もし、付き合ってもイイ相手が現れたとしても、前述の二極化した様な二人の様に簡単に落ちたりはしない所が凄いのです。

ただ、その中間点グループを率いてリーダー気取りの人だけ、途中で自分自身を勘違いして行く傾向にはある様です。

まとめ

共通して言えるのは、恋愛をしている〜段階で既にどのタイプも女性ホルモンが活性化されているのは確かです。

なので、あえて何か特別な事をしなくても良いでしょう。

しかし、それ以上の何か効果を求めてサプリメントなどを多様化すると、身体へ負担がかかってしまう可能性があるので、あまりお勧め出来ません。

もしもう少し女性ホルモンを活性化させたいなら、イソフラボンが豊富な大豆製品〜特に豆乳を飲む事をお勧めします。