更年期障害 をゆっくり迎える方法

更年期障害 をゆっくり迎える方法

更年期障害:早まる閉経年齢

日本人女性の閉経年齢は早まる傾向にあるそうで、アラフォー特に40代中盤に差し掛かる年代の方々は、そろそろ閉経してしまう方もチラほら出てくる頃かと思います。

遅くても50代後半位には閉じてしまうので、更年期障害 が気になる頃かと思います。

更年期〜に入ると心配なのが、突然イライラしたりして感情をコントロールしにくくなったり、また髪が抜けやすくなったり老化が促進したり〜する事かも知れません。

突然汗がダラダラ出る人も居るので、色々な症状があることだけは確かです。

そんな未知な 更年期障害 を遅らせる方法がある事を知っていましたか?

実は更年期になる前から続けて行っていく事で、その症状を軽減または遅らせることが出来るのです。

今も更年期の症状に苦しんでいると言う方も是非、この方法を試してみて欲しいです。

更年期障害:女性ホルモンを活性化させる食品を摂る

女性ホルモンを活性化させる事で一番メジャーなのは大豆製品だと思います。

大豆にはイソフラボンと言う、女性ホルモンに似た成分が含まれていて、女性ホルモンを活性化させてくれる効果がある事から、バストアップなどを目指す人や健康に気遣う人の間で広く飲まれています。

特に納豆や豆腐は毎日摂る機会がありますが、あまりたくさんの量は摂れません。

そこで毎日摂れてしかも少しの量でも1日の目安摂取量が摂れてしまう豆乳がオススメです。

女性ホルモンを活性化させる食品で次に有名なのはザクロですが、それ単体で生で普通に果物として食べるのはちっとかなり面倒臭いので既にジュースやピューレなどに加工されたモノを摂りいれると良いかも知れません、

ザクロはその成分としてエストロゲンを持っているため、過剰に摂取すると女性ホルモンの影響が身体に強く出てしまう事があります。

ので、あまり摂り過ぎない事を注意しながら摂るようにしてください。

更年期障害:卵巣の機能低下を防ぐ

女性ホルモンを発生している源である卵巣の活動を活性化させる事で、女性ホルモンの分泌を促進して更年期を遅らせることが出来るとされています。

卵巣の老化を促進させている物質の一つに活性酸素がありますが、活性酸素を作らない又は、出来ても除去する機能を高める事でも機能低下を防ぐ事が出来る様です。

通常は、活性酸素を除去する為の抗酸化力の高い酵素を体の中で生成して対抗しているのですが、年齢が進むと共にその酵素の量も減り、卵巣の機能も低下して行くのです。

なので、抗酸化力の高い食品を摂る事や、酵素ドリンクなどを摂る事もまた有効です。

ただ、飲酒や喫煙をしていると、その効果が薄れたりまたは発揮する事が出来ないので、更年期の症状を少しでも遅らせたいと考えるなら早急に止めた方が良いでしょう。

基本的には、ストレス無く過ごす事と、野菜中心の和食生活が理想です。

また、オメガ3脂肪酸などの有効的な油分の摂取も心掛けて下さい。

まとめ

更年期を予防するには、更年期が始まりそうな年齢から始めるのではなく、前もって余裕のある年代から始める事でその効果を発揮できると言えます。

また、肉食中心ではなく野菜や果物を多く摂る生活を心掛ける事と、飲酒は控えめにして喫煙は今すぐ止めた方が良さそうです。

ストレスを溜めると更年期が早まる可能性が高いので、心穏やかに過ごす事もお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です