馬油 は、シミもニキビ痕も治る万能スキンケアオイル

馬油 は、シミもニキビ痕も治る万能スキンケアオイル

最近、温泉施設でシャンプーした経験はありませんか?

そのシャンプーは 馬油 シャンプーと書いてあったら、それには馬油が配合されている事になります。

馬油 は最近、スキンケアの意識の高い人に注目されて人気のスキンケアアイテムですが、その昔は火傷の治療薬として医療の現場で使用されていたと言う経緯があります。

その 馬油 をスキンケアに使う事で、どんな効果があるのか、色々と見て行きましょう

馬油:昔の古傷が消えます

昔、湿疹などをかき壊して、かさぶたになって〜剥がしたら、茶色の痕になってしまった人は多いのではないでしょうか?

こういった傷の場合、どんなに美白クリームなどを塗り込んでも、なかなかどころか全く消えない事が多いので、とこ時思い出して目に入ってしまうとちょっとイラっとしてしまっているかも知れません。

また、何かの拍子に転んだ時の怪我や、飼っている猫に引っかかれた!と言う傷もまた痕に残りやすいので、とにかく少しでも消したい!と思っている人は多いでしょう。

そんな方に朗報です。

馬油 (バーユ)を塗ってみてください。

洗顔後やお風呂上りに、特に化粧水などの保湿をする前に、気になる傷痕に塗ってみてください。

塗った感じはしっとり〜と言う感じですが、徐々に肌の奥に吸収されてサラっとした感触になります。

他にも、なかなか消えないニキビ痕にも効果があるので、是非塗ってみてください。

最近できた傷なら最短で、一週間ほどでかなり薄くなります。

馬油:シミやシワを改善する効果があります

何でこんな馬の油なんかでシミやシワが改善するのか分からない〜と言う人が多いのですが、実は馬油は人の皮脂にとても似た構造をしているので、人のお肌にとても馴染みやすいと言う性質があります。

また、馬セラミドと言う成分が豊富に含まれているので、角質層で起きているトラブルの殆どを解消する働きがあります。

シワの改善に効果のあるとされているパルミチン酸が含まれているので、シワが気になる部分にすり込む事でシワを薄くしたり無くしたりする効果があるとされています。

シミの改善する原理は、基本的には傷痕と同じで、毎日欠かさず塗り込んでいくと、いつしかお肌の一番表層部分に元シミだった黒っぽいカサカサした皮膚が浮いて来ます。

これが数日後、ペロリと剥がれて無くなると、シミだった所からシミが消えている〜と言う事になるのです。

この 馬油 でシミが無くなるメカニズムは分かりませんが、とにかく色素が沈着した部分の白肌への回復力が高いので、アンチエイジングやエイジングケアに安心して使い続ける事が出来ます。

他にも、顔のリンパマッサージなどの際に予め塗ってお肌の滑りを良くしておく〜と言うのもお勧めです。

まとめ

馬油 を使ってスキンケアしていくと、いつしかお肌がふっくら柔らかくなって行くのが分かります。

これは馬油に含まれている馬セラミドの効果も高いのですが何より、馬油 の殆どが無添加で自然である事も起因しているのでは?と考えられます。

それと、毛穴の角栓や皮脂が気になる所に塗って軽くマッサージすると、角栓がポロポロ落ちてきます。

馬油 でオイルマッサージをすれば、余計な成分でかえってお肌を荒れさせる事も無く、安心です。

シャンプー後の紙に塗ると洗い流さないヘアートリートメントにもなったり〜と、色々と便利に使えるので是非、一つはご家庭に備え付け的に置いておくと良いでしょう。

毎日のスキンケアでは、洗顔後すぐに直接お肌に塗って、次に塗る化粧水などの浸透を高めるのでこの塗り方はお勧めです。