満腹になるまで食べると老化が進む理由

満腹になるまで食べると 老化 が進む理由

老化:知らず知らずのうちに 老化 が進む

毎日ご飯をお腹いっぱい食べています!と言う人はたくさん居られると思いますが、実はその満腹状態が老化を促進するのです。
実は、食事をすると身体の中に活性酸素が増えるのですが、食べた量=活性酸素の量と言う事なので、満腹状態の方が身体に悪影響を及ぼすと言うのです。

では、どうして満腹状態がいけないのか、これから紐解いて行きましょう。

老化:お腹がすいたら、お腹いっぱい食べない様にする

普段、お腹すいた〜!状態になったら、とりあえずお腹いっぱい〜!もう食べられない!と言う位まで食べるのが普通かも知れませんが、実は満腹状態になると消化酵素が足りなくなって、その隙に活性酸素が増えてしまうそうなのです。
その仕組みは、満腹になると活性酸素が発生しやすくなり、その活性酸素を除去するために消化酵素が大量に消費されてしまいます。
すると、本来食べたものを消化するために使う消化酵素が足りなくなって、胃や腸などの消化器官の消耗が激しくなり、結果として内臓の老化を促進させてしまうと言うモノなのです。

それに、消化酵素を使い過ぎると代謝酵素と言う、免疫機能や自然治癒力を高める酵素の分泌量も低下して行く事から、お腹がいっぱいになるまで食べていた人の方が早く老けると言う事になるのです。

老化:老化防止の救世主は、空腹感にあった

満腹になっちゃいけないんだったら、もう空腹で居続けるしかないのだろうか?と考えた方々、とりあえず平常な生活にを維持し続けたいのなら、毎回の食事は腹7分目位が理想です。
7分目位に抑えておくと、血糖値の上がり方も緩やかになりますし高血圧や糖尿病の予防にもつながる事が分かっています。

また、空腹時間をしっかりと作る事が重要です。
昨日の夜たくさん食べすぎのまま寝てしまい、次の日の朝またお腹いっぱい食べてしまった!と言うのは良く無いパターンです。
空腹状態になると。サーチュイン遺伝子というのが活発に働く様になります。
これは空腹状お隊にならないと活動が活発にならないので、普段はあまりお目にかかる事は無いモノです。

空腹状態でサーチュイン遺伝子は、細胞の老化を防ぐ酵素を出すので、これが結果として老け無い身体を作る一つのポイントともなっているのです。

まとめ

つまり、いつまでも若々しい状態を維持するには、なるべく満腹状態で居続けない事と睡眠をたくさんとる事、そして確実な空腹の時間を作る事です。
この、空腹時間こそが、老化を防止して若々しい状態を維持継続する為に必要な時間なのです。
ただ、睡眠中は腸の活動が活発になるので、起きている日中の間で8時間以上空腹を感じる時間帯を作るのが理想です。
ぜひこの様な空腹時間や、お腹がいっぱいにならない食生活を心掛ける様にして、 老化 を防止して行ってください。